猫背は慢性的な肩こりの原因

お問い合わせはこちら

ブログ

猫背は慢性的な肩こりの原因|守口市サンテ鍼灸整骨院

2019/05/16

良い姿勢の条件は「腰椎前弯」と「腹圧」

良い姿勢と骨盤の位置は深く関係していて、骨盤の傾きで背骨のカーブや重心の位置が変わり、姿勢に影響を与えるからです。

一般的に、骨盤が前傾ぎみの人は腰が反りやすく、後傾ぎみの人は猫背姿勢の傾向があります。腰が反ると腰痛のリスクが高まり、猫背の場合は慢性的な肩こりを引き起こしやすくなります。

悪い姿勢は見た目の美しさを損なうだけでなく、腰痛や肩こりの原因にもなるのです。とはいえ、自分の姿勢がどうなのか、意外と気付きにくいものです。

そこで、大阪府守口市大久保町のサンテ鍼灸整骨院では、患者さんが見てわかりやすいように、現在の姿勢・治療後の姿勢の写真を撮り、効果を実感していただくようにしています。

最後に、良い姿勢を作る上で、もうひとつ欠かせないのが「腹圧」です。腹圧とは、お腹を凹ませる力のことを言います。腹圧がないと、内臓を正しい位置におさめておく事ができず、「下腹部ぽっこり」の原因になります。腹圧が適度に保持されれば、骨盤を正常な角度で安定させる事ができます。

腹圧をかけるということは、抗重力筋を働かせることでもあり、骨盤を安定させる事ができます。日頃から腹圧をかけるようにすると、良い姿勢が維持できます。姿勢が崩れた時に腹圧をかけることを心がけることで、姿勢が改善され、肩こり・腰痛などの症状も緩和していきます。

大阪府守口市大久保町のサンテ鍼灸整骨院では、多くの患者さんから効果を実感していただいています。

当院では、【猫背・姿勢矯正】【リセット療法】【骨盤調整】の治療メニューをご用意していて、患者さんにあったメニューを提案させていただいてますのでご安心ください。

その他、質問・ご相談があればお気軽にお問い合わせください。