背骨が曲がっていく理由とは

お問い合わせはこちら

ブログ

背骨が曲がっていく理由とは?|門真市 守口市 寝屋川市

2019/06/10

ゆがみを改善し、背骨を整える

骨盤の歪みは守口市大久保町サンテ鍼灸整骨院

人間の体の屋台骨である背骨。背骨はなぜ歪んだり曲がったりするのでしょうか?

背骨が傾く原因は背骨自体に問題がないことが多く、【 骨盤 】のゆがみが原因で背骨が歪むことが多々あります。門真市・四條畷市・守口市の巻き肩はサンテ鍼灸整骨院

つまり、正しい姿勢をするには、骨盤が正しい位置にあることが欠かせないのです!

例えば、骨盤が傾くと、その上に乗っている背骨も傾いてしまうため、必然的に背骨が斜めに向かってスタートしてしまいます。そして、そのままでは体が傾いてしまうので腰を反対に倒してしまうために更にゆがみが大きくなります。守口市・寝屋川市・門真市で巻き肩はサンテ鍼灸整骨院

体の歪み

上記のように、体の根本の歪みは【 骨盤 】にあると言われる理由です。

門真市・寝屋川市・四條畷市で巻き肩は守口市サンテ鍼灸整骨院

骨盤が歪むと、左右の脚の長さ違って見える

門真市で骨盤の歪みは守口市サンテ鍼灸整骨院

・いつも同じ方向で横坐りをしている

・いつも同じ脚で体重を支えている

・いつも同じ脚を上にして組んでいる

・いつも片方のズボンの裾が地面につく

他にもありますが、上記の姿勢を続けていると左右の脚の長さが違って見えることがあります。

しかし、実は脚の長さは一緒なのです。ではなぜ脚の長さが違って見えるのか?

それは、骨盤の歪みで脚の長さが違って見えるのです。

骨盤が歪むと、足の受け皿の股関節の角度が変わり結果的に脚の長さが違って見えます。

①骨盤が後ろに傾くと、股関節の位置も少し上を移動するため脚が短く見えます。

②骨盤が前に傾くと、股関節の位置も少し下へ移動するために脚が長く見えます。

骨盤の仕組みとしては、右側の骨盤が前に傾くと、反対の左の骨盤は後ろに傾きます。

骨盤の傾き

左右の骨盤の働きは歩行と同じで、常に相互反対になりますから、片方が長くなる方向へズレれば、同時に片方が短くなる方へズレます。

寝屋川市で骨盤の歪みは守口市サンテ鍼灸整骨院

当院の治療法

四條畷市で骨盤の歪みは守口市サンテ鍼灸整骨院

問診→姿勢チェック→筋肉チェック→説明→施術→姿勢チェック

※姿勢チェックは画像により分かりやすく効果を確かめれます。

腰痛・肩こり・頭痛は守口市大久保町サンテ鍼灸整骨院

骨盤の歪みによる症状

守口市で人気のサンテ鍼灸整骨院は効果が出ます

・腰痛 ・肩こり ・頭痛 ・股関節の痛み ・膝の痛み

・冷え性 ・肩の痛み ・生理不順 ・生理痛 ・易疲労

など多々ありますが、ぎっくり腰やぎっくり首にもなりやすくなります。

友だち追加