インナーユニットとは?|守口市サンテ鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

ブログ

インナーユニットとは?|守口市サンテ鍼灸整骨院

2019/06/18

インナーユニット(狭義のコア)とは??

 

インナーユニットとは体の深部にあり、狭義のコアと呼ばれ姿勢を保つ維持するために働いている筋肉の集まりを言います。

インナーユニットを構成するのは、【横隔膜・腹横筋・多裂筋・骨盤底筋】で、背骨・骨盤を安定させてくれています。

「コア」とは、【核・中心】と表現されています。そのコアは体でいうと体幹部を支える骨や筋肉の総称です。(広義のコア)

インナーユニットは、広義のコアより更に深部にあります。

インナーユニット

インナーユニットの働き

 

インナーユニットは自分の意思とは別に、無意識に体(背骨)が安定するように働いてくれています。日常生活の中で様々な動き、激しい運動をしてもインナーユニットが働き、背骨を安定させることで私たちは効率の良い動きをできるのです。

腰痛を患っている方は、インナーユニットが機能していない事が多いです。

 

姿勢を安定させるために「コア」が大事なのは何となく分かったかと思いますが、正しい姿勢をできている人がなぜ少ないのでしょうか? コアの筋力が弱いから? そうではありません。

実際には、弱いのではなくコアの使い方を忘れてしまったからです。

正しい姿勢は赤ちゃんの頃に覚えているのですが、大人になるにつれて現代社会の便利な生活の中で、本来の使い方を忘れて、正しい姿勢を保てなくなっているのです。

姿勢の比較

では、コアを再学習するにはどうすれば良いでしょうか?

 

守口市のサンテ鍼灸整骨院では、ストレッチポールを使用して「コアコンディショニング」で基本機能を取り戻すようにセッションを行っています。

当院では、コアコンディショニングで悪くなった姿勢により筋肉が縮んで硬くなったり、引き伸ばされたりしている筋肉を ”緩めて” ”整えて” ”強化” していく事で基本機能を高めていきます。

ストレッチポールに乗り、リラックスし呼吸をする事で自然と筋肉が緩んでいきます。

私たちは日常生活の中で、スマホ・パソコン・癖・脚組などで筋肉が緊張しアンバランスになります。

緊張している筋肉を緩め、アライメント(骨の配列)を整え、赤ちゃんが産まれてきた時のようにゆがみのない状態にエクササイズするのがコアコンディショニングです。

正しいストレッチポールを覚えたい方は守口市のサンテ鍼灸整骨院へお越しください。

友だち追加