ねこ背

お問い合わせはこちら

ブログ

【ねこ背】からくる肩こり・首の痛み|守口市・寝屋川市・門真市で猫背口コミNO,1

2020/06/17

デスクワークによる肩こり

肩こりの原因は代償姿勢

肩こりの原因は、背骨のゆがみと仙骨のズレによって起こる代償姿勢にあります。

仙骨が後方変異すると、背骨のバランスを保とうと代償姿勢を取るため、背中が丸くなり、頭蓋骨が前に出てきます。本来、背骨の正常な位置は腰椎が前に傾き(前弯)、バランスを取ろうと胸椎は後ろに傾き(後弯)、頸椎は前弯しています。ところが、仙骨が後方に傾くと腰椎の前腕がなくなり、腰の反りが無くなったため胸椎は後弯しないとバランスが取れないので、代償動作を起こして後方にズレ、背中が丸くなります。また、頭も前に出るため、ここでも代償動作が働いて、頸椎が後方にズレます。

いわゆる「猫背」の姿勢ですが、こうした代償動作を取らざるを得ない姿勢を「代償姿勢」と言います。

頸椎からは肩や腕、手に向かう神経が通っていますが、ねこ背になるとこれらの神経が巻き込まれます。これを「ねこ背巻き肩」と呼びます。【ねこ背巻き肩のイメージは下図を参照】

ねこ背巻き肩では、巻き込まれるようにして神経が引っ張られ、神経の伝達異常を起こすと、首や肩の痛み、腕から手にかけての痺れなどが現れてくるのです。

下半身の骨である仙骨のズレが代償姿勢を取ることで、上半身の神経にも影響を及ぼすのです。

 

猫背巻き肩の姿勢

守口市・寝屋川市・門真市で【猫背巻き肩の姿勢を改善】するならお任せください

肩こりの原因は骨盤と背骨の歪みからくる代償姿勢にある

本来、骨盤というものは少し前傾しているのですが上記図のように、骨盤が真っ直ぐ立ってしまったり後傾といって後ろに傾いたりすることにより背骨がバランスを取ろうと代償姿勢を取るため、背中が丸くなり、頭が前に出てきます。

さらに、人間の頭部は7〜12キログラムもあるために、頭が前に出てくると、ここでもバランスを取ろうとして、頸椎の7番や胸椎1番に負担がかかり変異しやすいのです。

 

頸椎の7番や胸椎の1番から出ている神経は、上半身の様々な筋肉と前腕(肘から手首まで)の皮膚の知覚を支配する腕神経叢といって、鎖骨の下を通って腕や指に向かっています。

代償姿勢をとると、これらの神経が後ろに引っ張られるのです。

その結果、神経の伝達異常が起こり、肩こりとして感じるのです。肩こりは首や肩の筋肉が固くなると思っている方が多いようですが、実際は頸椎や胸椎の上の方から出ている神経が引っ張られて伝達異常を起こしているのです。

さらに代償姿勢を取ることにより、その途中にある背中の筋肉(僧帽筋)も引っ張られた状態になるので、肩が張っているように感じるのです。

首の痛みも神経の牽引で起こる

骨盤・背骨を整えることが大事

首の痛みも代償姿勢によって起こりますが、この場合は、頸椎の1番のねじれが原因です。頸椎は上から1〜7番までありますが、頸椎の2番の上半分に歯状突起という出っ張りがあり、そこに乗っかるように繋がっている頸椎1番が捻転しやすいのです。ここが左捻転すると首が左側に、右捻転すると左側に痛みや張りが出ます。

 

振り向く動作が辛い人は頸椎の1〜3番、かしげるように横に倒す動作がスムーズに出来ない人は頸椎の4〜6番がズレています。

頸椎1番は、ほぼ同じ高さに首を左右に回すための筋肉(胸鎖乳突筋)や僧帽筋の神経(副神経)が出ているために、後方に変異すると、この神経が伝達異常を起こし支配下の筋肉が過緊張を起こして首の痛みや肩の張りとして感じられます。

 

また、上を向くのが辛い人は、肩こりとして感じられることもある頸椎7番の後方変異です。

頸椎7番は別名で隆椎(りゅうつい)と呼ばれており、後方にしか変異しない骨です。そしてこの骨が大きく後方変異すると、頸椎の6番の棘突起とぶつかるため、上を向く姿勢が取りにくいのです。

 

整形外科では、MRIで変形した頸椎や頸椎ヘルニアが神経を圧迫していると判断されると頸椎症として診断されます。しかし既にお話ししたように、原因は神経の圧迫ではなく、神経の牽引が原因です。首の神経が引っ張られるのは、代償姿勢が原因ですから、この原因となっている仙骨のズレや背骨の歪みを治さなければ、痛みなどの症状は改善しないのです。

骨盤・背骨矯正でねこ背が治る

守口市・寝屋川市・門真市で【ねこ背改善】で人気のサンテ鍼灸整骨院

では、実際「猫背」の施術はどのように行えば改善するのでしょうか?

答えは簡単です。正しい姿勢を脳に記憶させるのです。 えっ??脳に記憶??と思われた方が多いと思います。

現在の不良姿勢・代償姿勢というのを、単発で矯正しても必ず再発します。それは、悪い姿勢を脳が長い期間記憶してしまっているために、それを正しいと思い込んでいるのです。人間の体は電気信号でそれぞれの部位に伝えれているので、正しい姿勢を脳に記憶してもらうために複数回に分けて矯正施術で覚え込ませるのです。

それが「ねこ背」を治す早道なのです。

守口市のサンテ鍼灸整骨院では、骨盤・背骨矯正施術で多くの方に効果を実感していただいてます。寝屋川市・門真市・四條畷市・枚方市などの京阪沿線や大日などからも多くの方に笑顔を与えることも出来ています。

写真などで視覚的に分かりやすく説明させていただいてますので、安心して続けて行けるかと思います。

ぎっくり腰が治りました

ぎっくり腰が治りました

守口市にお住いのKさん

【 Kさんの感想 】



1週間前の痛みが嘘のようです!今は腰痛がありませんが、もともと肩こりもあったので、引き続き肩こりの治療をお願いしています。



 



✅どのような症状で来院されましたか?



ぎっくり腰



✅どのようにしてぎっくり腰になられましたか?



朝、子供を自転車に乗せようと持ち上げた時に腰に激痛が走りました。



✅サンテでの治療後はどのようなりましたか?



1週間前と比べてほとんど腰の痛みがなく、日常生活は普段通りに過ごせています。



✅サンテは他の整体や治療院と比べてどこが良かったですか?



昔、行ってた整骨院と比べると分かりやすく説明してもらい、家でのアドバイスも教えてもらえたので良かったと思います。



✅そのほかにお悩みの症状はありますでしょうか?



昔から肩こりがあって、たまに頭痛もあるのでみて欲しいです。



✅最後に同じような症状で悩んでいる方にメッセージをお願いします!



家での応急処置や良くなるにつれて、予防のためにアドバイスももらえるので、痛みで悩んでる人はサンテさんに行った方が良いと思いますlaugh



 



【当院の見解】



Kさんのお体は、腰の深部にある腸腰筋が短縮し硬くなっていました。以前から腰痛があったとのことなので、腰部の炎症が引いてきた時に再度検査をさせて頂きました。その結果、腸腰筋の短縮により腰椎の前弯が強く、骨盤が前に倒れすぎていて反り腰になっていて、子供を持ち上げた瞬間に腰椎が更に反ってしまった時にぎっくり腰になったと推測されます。



肩こりの原因も、骨盤と反り腰が強いことにより『隠れ猫背』になっていて、首の筋肉もすごく緊張していました。このような状態だと、自分自身では何もしていなくても無意識に力みが生じているので、まずは姿勢改善の猫背・姿勢矯正治療を提案させていただきました。



ぎっくり腰がよくなった後に猫背・姿勢矯正治療を開始し、週1回の施術を約3ヶ月続けた結果、腰痛や肩こりも改善いたしました。


首の痛みと腕の痺れがなくなりました

首の痛みと腕の痺れがなくなりました

守口市在住のMさん

【Mさんの感想】



もともと肩こりが辛かったのですが、嫁さんの紹介でサンテさんにお世話になりました。治療前と治療後の姿勢の写真を見せてもらったら、普通だと思ってた自分の姿勢がめちゃくちゃ猫背になっていてビックリしました。治療してもらった後の写真はまっすぐなっていて、肩こりもすごく楽でした。週に1、2回治療してもらい、だいたい3ヶ月くらいで痺れもなくなり嬉しかったです。



 



✅どのような症状で来院されましたか?



肩こり、左腕の痺れ



✅思い当たるきっかけはありましたか?



何もない、普段通り



✅肩こり、シビレで何か対応しましたか?



湿布



✅効果はありましたでしょうか?



その時だけ



✅サンテにきて症状は変わりましたか?



それはもう全然違いました。目がすっきりして肩こりがなくなったのかと思いました。



✅サンテは他の整体や治療院を比べてどこが違いましたか?



肩こりと腕のしびれの原因を教えてくれたことです



✅あなたと同じように悩んでいる方へアドバイスをお願いします



1回1回、肩こりやしびれの症状を聞いてくれて、治療後もチェックしてくれるので安心できますよ



 



【サンテの見解】



来院当初は首を痛めたのかな?と思うくらい顔が前に突き出て猫背になっていました。お話を聞くと、首に痛みはないが肩こりと左腕のしびれが現れていて、強い猫背・巻き肩になっていました。



日常的に運転する仕事でしたので、両手を前に出し肩甲骨が外に滑り、顔が前に傾いていることを説明し、頭と巻き肩と猫背を真っ直ぐなラインに戻す必要があることも伝え、猫背姿勢矯正治療をさせていただきました。



目安として、週に2回を3ヶ月継続して治療すると、正しい姿勢を脳が覚えるので頑張って治しましょう。そして、肩こりや腕のシビレが再発しない体つくりをしましょうという話をし、治療が始まりました。



21回目と22回目の治療の中でシビレもなくなり、肩こりも感じていないということでしたので無事治癒となりました。


腰痛が改善され、肩こりが楽になりました

腰痛が改善され、肩こりが楽になりました

骨盤姿勢矯正ありがとうございました

お住まい:門真市在住



年齢:20代



お仕事:保育士



お悩み:腰の痛み、肩こり



 



【来院当初】



腰の痛みがあり、ご自身でも姿勢が悪ことを自覚されていましたので、整体と骨盤姿勢矯正を行いました。



アフター写真は5回目の施術前の段階です。守口市のサンテ鍼灸整骨院では10回(約3ヶ月)の施術で正しい姿勢を覚えこませ完治まで導くように行なっています。


自分でもびっくりしました!

自分でもびっくりしました!

守口市在住のN様



職業:介護士(育休中)



お悩み:骨盤のゆがみ、肩こり、ウエストの引き締め、反り腰



 



当初は、肩の痛みで来院されました。その問診・治療中に出産後4ヶ月だとお聞きし、産後の骨盤矯正治療を提案させていただきました。



その理由としては、産後のお腹の膨らみが戻りにくく、肩のこりが産前より増強し、反り腰になっていて、肩の痛みの治療を行なっても問題である骨盤のゆがみと反り腰を正さないと、すぐに肩の痛みが再発してしまうからです。



なぜ肩の痛みが再発するかとお伝えすると、骨盤の前傾が強く腰をそらしていることにより、上半身が後ろに倒れないように頭を前に傾けて首や肩の筋肉に負担をかけてしまうのが原因です。



骨盤は元々、少し前傾しているのですが妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、体を支える腹筋を使わなくなります。そうすることで、股関節と骨盤・腰を反らして状態を維持しようとします。



それが、日常的かつ長期間続くことにより負担がかかります。出産後はある程度自然に戻りますが、なかなか妊娠前の状態には戻りません。そういった産後ママは多くおられます。



では、どのようにしたら良いのでしょうか?



それは、体を診るプロである当院、守口市のサンテ鍼灸整骨院へお任せください。



当院では、多くの産後ママに産後骨盤矯正治療の効果を実感していただいております。



出産時には、チロキシンという関節を緩めるホルモンが大量に放出されます。そして、産後の半年程度かけてチロキシンが減少していきます。



ということは、産後半年が勝負なのです。産後半年以上たっても姿勢は正すことはできますが、チロキシンがなくなる前に骨盤や腰を調整すると改善しやすいのです。



そういったことから、産後の骨盤矯正治療は非常に大事なのです。



N様が、卒業するときには写真を見てもらえれば分かりますように、ウエスト-11.2㎝となり喜ばれていました。



もちろん、肩こりも産後骨盤矯正治療を始めてから4回目には解消し、日常のストレスがなく子供にも優しく接することが出来ていると嬉しいお言葉をいただきました。


ありがとうございました!

ありがとうございました!

お住まい:守口市



職業:主婦



お悩み:産後骨盤矯正、背中の痛み、腰痛、肩こり、巻き肩、骨盤のゆがみ、ウエストの引き締め



 



✅本日はどうされました?



・産後に体重が戻りにくいです。産後は骨盤が開くとよく聞くので、私も開いて歪んでいるのではないかと思ったのでみてもらいたくて。他に、肩こりと腰痛と背中の痛みがあります。



 



✅その痛みで何か対応されましたでしょうか?



・特に何もしていないです。



 



✅他の整骨院や整体などの治療院は探されましたでしょうか?



・はい、探しました。



 



✅他の整骨院や整体、治療院と何が違うかったでしょうか?



・料金も高すぎず、LINEで問い合わせたときに分かりやすく説明をしてもらったので安心できました。



 



✅当院へ来て、どう変化がありましたか?



・肩こりがすぐになくなりました。産後の骨盤矯正をしてもらいながらお腹周りが細くなっている効果を実感できました。



 



✅同じようなお悩みを抱えている方へアドバイスをお願いします。



・産後骨盤矯正が必要な理由などを一つ一つ分かりやすく説明してもらえるし、赤ちゃんへのアドバイスもいただけます。



 



【当院の見解】



来院時には、腰が反っていて体の横のラインより頭部・顔面部が前に出ていたので首や肩の筋肉がすごく硬くなっていました。肩こりの原因は姿勢が悪くなることで首や肩の筋肉に負担をかけてことです。背中の痛みも同様です。筋肉は、筋膜というものでいくつもの筋肉と連携しています。姿勢が悪くなることで背中への負担も増加し痛みになりました。腰の痛み(反り腰)は、妊娠時にお腹が大きくなるにつれて体が前に倒れないように腰の筋肉で支えているので、長い時間をかけて腰がしなった状態が続き反り腰から腰痛になっていました。そのせいで、腰と連結している骨盤も過度に前に倒れていました。骨盤が前に倒れるということは開こうとする力が働きますので、その結果骨盤のゆがみの原因になっています。



 



【当院の施術】



体の歪みを正せば、ほとんどの症状は緩和されます。ですが、大元は骨盤・腰部・股関節なので、肩こりを早く楽にさせようとしても効果は少ないです。



では、どのようにするの?



当院では、骨盤・腰部・股関節部の周囲の筋肉を和らげ、関節をある程度元の位置に戻します。筋肉が緩んでも正しい位置には完全には戻りませんので、矯正施術も加えます。筋肉を緩めている時には、仙骨後頭骨テクニック(SOT)も駆使して体を正常な状態に整えていきます。矯正が怖い方には、先ほど述べました仙骨後頭骨テクニック(SOT)の技術でも十分に効果がありますのでご安心ください。



反り腰、骨盤の過度な前傾、股関節の過度な伸展が改善してきましたら、次に背部(背中)と警部(首)の施術を始めます。



そして、当院で産後骨盤矯正を行なっている方へは、施術後の効果を維持していただくために自宅でできるエクササイズをご指導させてもらいます。これを怠ると再発してしまいますので、正しい姿勢で短時間で行える簡単なエクササイズなのでご安心ください。



 



産後骨盤矯正は出産後、半年が効果が高いですが半年以上経っていても問題はないです。効果は少し落ちますが、改善できます。



これを見られた方は、一緒の骨盤の歪みや腰痛、肩こりを解消していきましょう!


ウエスト-8.5センチ!やって良かった!

ウエスト-8.5センチ!やって良かった!

守口市にお住いのAさん

職業:主婦



お悩み:骨盤のゆがみ、肩こり、腰の痛み、首の痛み、股関節の痛み、ウエストの引き締め、体重増加、姿勢改善、頭痛



 



✅本日はどうなされましたか?



3ヶ月前に出産をしたのですが、お腹の膨らみが戻らなく、産前のズボンが入らなくなりました。それと、肩こりと腰痛と頭痛と股関節が痛むので診てもらいたくてきました。



 



✅その症状をご自身で何か対応されましたでしょうか?



特にしていません。何をしたら良いかわからなかったので。



 



✅施術後、何か変化は感じられましたでしょうか?



体が浮いているように軽く感じます。腰も反っている感じがしていたのですが、それも無くなっています。肩こりの感じは少し残っていますが、やってもらう前より楽にはなっています。



 



✅守口市のサンテ鍼灸整骨院は他の整骨院・整体と比べて何がよかったでしょうか?



他の治療院に行ったことが無いので分かりません。



 



✅では、どのようにして当院を知りましたか?



友人に紹介してもらいました。その後に、産後の骨盤治療のホームページも見させていただきました。



 



✅他の整骨院・整体も検索されましたでしょうか?



はい。他のところと比べたら、料金も安かったです。



 



✅最後にあなたと同じように悩まれている方へアドバイスをお願いします。



すごく親切で丁寧に体の説明をしてもらえるので良かったと思います。



 



【当院の見解】



Aさんは、腰が大きく反り返り、骨盤の傾きも正常より傾いていました。その結果、腰痛と股関節の痛みに繋がり、反り腰になっていることで頭を前に傾けて、体のバンスを維持する姿勢になってました。頭を前に傾けるということは首・肩・背中の筋肉が引っ張られて硬くなったことにより、肩こりや頭痛にも繋がっていました。そして、お子様を抱っこする時間が長いので、両肩が前に入り巻き肩にもなっておられました。【巻き肩】は早期改善しておかないと、いくら骨盤や背骨を矯正治療にて整えても、巻き肩により再度姿勢が崩れてきます。



 



【当院の治療法】



骨盤の前傾を強くしている原因筋:大腿四頭筋・大腰筋・腸骨筋



反り腰の原因となる筋肉:大腰筋・腸骨筋・脊柱起立筋



巻き肩の原因となる筋肉:大胸筋・肩甲下筋



頭が前に倒れる原因の筋肉:胸鎖乳突筋



運動強化をしないといけない筋肉:腹横筋・臀筋・大腿二頭筋・菱形筋



矯正が必要な骨:骨盤部の仙腸関節・腰椎・胸椎・頸椎



上記箇所を約10回の施術で改善・解消していきながら自宅でできる短時間の運動を指導させていただいてます。